復興への応援ソング(福島)を聞いて下さい。

福島のシンガーソングライター 「ave」 福の歌

http://www.youtube.com/watch?v=M_U1WB7fq7o&feature=related

☆福島盆地☆
kousaku (3).JPG


〜〜問い合わせはこちら〜〜



2010年09月25日

交流見学会

福島県有機農業ネットワーク
<交流見学会>
今回2日間にわたり何軒かのほ場の見学会が開催されました。

私が参加できたのは“小豆畑農苑”さんで

       自然農法:無投入・自家採取です。

小豆畑農園 006.jpg

中央のタオルをかぶった方が小豆畑さんです。(現在3種類のさつま芋を栽培している所)

左側が普通のナスで右が青ナスです。



小豆畑農園 005.jpg

一切肥料を入れずにこの大きさまで成長するのですね!

小豆畑農園 003.jpg

 土質的には粒子のこまい山砂で、全体的に生育は良くなかったです。

この土の土壌診断を行ったら・・・本当にやせた土だったそうです。

しかし、それなりに成長し収穫することができるのですから、農業って不思議です。


小豆畑農園 007.jpg  小豆畑農園 008.jpg

種は自家採取で 『連作が基本』 exclamation&question exclamation&question・・・・・・がく〜(落胆した顔)

農業の基本は連作をしない・・・でしたよねexclamation

小豆畑さんは違うんです。毎年同じ土壌で同じ作物が成長していくと
土と作物の相性が良くなっていくそうです。
何年も自家採取してきた種だからこそできる栽培だそうです。
連作障害は起きないそうです。

今年は暑い日が続いたのにこのほ場には“アブラムシ”がほぼ見かけなかった、
ある意味、それだけ土地がやせている証拠でもあるのでしょうか?

今回は、色々な育て方があることを学びました。



posted by ベジチカ at 19:54| Comment(0) | 講習会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。